ホーム > 御由緒

 

御由緒

御祭神

鎮座地

名古屋市守山区大森二丁目1721番地

御由緒

八劔神社は第50代桓武天皇の時代延暦12年(793)に、この地方を支配していた豪族山田の連によって「大森北八劔」の地に創建されたと伝えられています。その後宝暦10年(1760)第116代桃園天皇の時代に大森地区を流れる矢田川と天神川の合流地である元郷に近い「大森中ノ町田」の地に遷座されました。そしてこの時に本殿も新築されたといわれていますが、当時度重なる地震や風水害による神社地の孤立や盗難などによる被害もあって、昭和2年(1927)に現在地に本殿はそのままの姿で移築して再び遷座されました。
「八劔神社」の名称は熱田神宮の別宮「八剣宮」に由来すると思われますが、当社がいつごろからこのように呼ばれるようになったかは明らかではありません。
八劔神社には建速須佐之男命・日本武命・天之火明命の三柱が祀られています。 このうち前二柱は「八剣宮」の祭神と同じですが、天之火明命は尾張氏の祖と伝えられる神で当社の境内神社 尾関社の祭神でもあります。このことは古代当社は古代 尾張氏の一族である山田の連が祀った先祖の霊を、中世になって大森城主 尾関氏が受け継いできたと想像されます。いずれにしても、この神社は古代より大森に住んでいた人々の厚い信仰心によって1200年もの長い歴史をもつ由緒ある神社となっています。

このページのトップへ